1. ホーム
  2.  > 参加会員
  3.  > やち 陽子

やち 陽子 Yachi Yoko

大阪生まれ。大阪府立清水谷高校卒業。高校時代にアンサンブル部に所属そこでヴァイオリンと出会う。関西大学に進学を希望したのは交響楽団に入団したかった為、経済学部に入学。
在学中にオランダ・コンセルトヘボウ、NY・カーネギーホールで演奏、卒業旅行で念願の地イタリア・クレモナを訪問。
そこでマエストロ・ステファノ・コニアの工房を見学、「運命の瞬間」を感じクレモナにいつか戻ってくることを悟るが、いったん会社勤務。
情熱を捨てきれず、7年後の2003年に一大奮起しクレモナ移住、ヴァイオリン職人としてのキャリアをマエストロ・ステファノ・コニアの工房にて開始、と同時にクレモナ弦楽器製作学校に入学、2007年卒業(マエストロ・ロレンツォ・マルキに師事)。同年クレモナ弓製作コース修了(マエストロ・ジョバンニ・ルッキに師事)。
2003年~2005年ステファノ・コニアの工房にて学ぶ、2005年より、マルコ・オジオの工房に学び現在に至る。(同工房にてマスタークラス修了)
2007年ピゾーニョ・イタリア国内製作コンクール・ヴァイオリン部門優勝。(日本人女性初の製作コンクール優勝)
2009年クレモナ国際ヴァイオリン製作コンクール(通称トリエンナーレ)・チェロ部門にてディプローマ取得。

 

・イタリア弦楽器製作家協会(ALI) プロフェッショナル会員
・バイオリン・ソサエティ・オブ・アメリカ(VSA) 会員

 

ヨーロッパ・日本をメインにクレモナスタイルのヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの製作活動を行っています。
特にお客様のご希望を細かくお伺いし、プランを一緒に立て既製の楽器にはない、テイラーメード(専門家が考えたお客様に最適な)楽器を得意とします。
1年のうち、9ヶ月はクレモナで製作活動をし、年に2回日本帰国中は修理調整をしています。



工房・個人名 やち 陽子 Yoko Yachi
業務内容 クレモナスタイルのヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの製作・修理調整
住所 Via Bardellona 9
26100 Cremona (ITALY)
営業時間 8:30~19:00(月曜日~金曜日)
8:30~12:30(土曜日)
定休日 日曜日・祝日
メールアドレス yokoyachi@hotmail.com 
HP http://blog.goo.ne.jp/cremonaquartetto
  • ヴィオラ43cm(パーソナルモデル)2009年作
  • ヴァイオリン(ストラディバリモデル)2007年作
  • 装飾ヴァイオリン (ストラディバリ[サンライズモデル])2006年作
次回、関西弦楽器製作者協会展示会は2018年4月22日(日)です