1. ホーム
  2.  > 参加会員
  3.  > 豊島 継男

豊島 継男 Toyoshima Tsuguo

1947年 秋田県に生まれる。
1983年 英国に渡りEd Smith氏の下で本格的に英国の伝統的なヴァイオリン修理技術と製作一般の知識および技術を学ぶ。
1986年 帰国、渋谷区代々木に工房を構える。
1990年 工房を閉じ再び渡英しSmith氏の下で主にオイルニスの研究に没頭したその間 Andrea Guarneri Modelのヴィオラだけ6本製作した。これらは英国内のヴィオリストに好評得て迎えられた。
1992年 イタリア クレモナ市に移り1600年代1700年代の巨匠アマティ、ストラデヴァリの伝統と空気の中に身を置き製作に磨きをかける。ドイツ、イタリア、ポーランド、アメリカの製作者コンクールに参加しそれぞれDiplomaを得る。 ’94 Archettaio(弓作り)の夜間コースを受講しDiplomaを得る。
1998年 帰国、世田谷区池尻に居を構え製作を続ける。
1996年から日本弦楽器製作者協会主催の弦楽器フェアの展示会に毎年Vn、Va、Celloを出品し好評を得る。
2007年 世田谷区三軒茶屋に転居。
2009年10月、故郷の秋田県大仙市に帰郷し、Va、VA、Celloの製作を続ける。

 

・日本弦楽器製作者協会 会員
・VSA(アメリカヴァイオリン製作者協会)会員



工房・個人名 豊島ヴァイオリン製作工房
業務内容
住所 〒019-2401
秋田県大仙市協和船岡字東君ヶ野99-7
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
TEL 018-893-2122
FAX 018-893-2122
メールアドレス toyoshimaviolin@gmail.com 
HP http://toyoshimaviolin.web.fc2.com
備考 お越しの際には電話かE-mailでご予約お願いします。また、その他のご用件につきましても電話かE-mailでお問い合わせ下さい。
  • 工房の風景
  • 最近の作品より ヴァイオリンとヴィオラ
  • 第4回展示会出展楽器 ビオラ モデル:Gasparo da Salo (c.1580) 39.0cm 2011年製作 小さいわりに良く鳴ります、一度手にとって奏てみてください。
  • 第4回展示会出展楽器 ビオラ モデル:Gasparo da Salo (c.1580)
  • 第4回展示会出展楽器 ビオラ モデル:Gasparo da Salo (c.1580)
次回、関西弦楽器製作者協会展示会は2018年4月22日(日)です