1. ホーム
  2.  > 参加会員
  3.  > 篠崎 渡

篠崎 渡 Shinozaki Wataru

1973年 埼玉県生まれ。上智大学理工学研究科電気・電子工学専攻博士前期課程終了(修士号取得)。エンジニアとして精密機器メーカに勤務の傍ら楽器の製作を始める。
2004年 ミラノ市立弦楽器製作学校の弓奏弦楽器製作コースに入学。ヴァイオリン製作をパオラ・ヴェッキオ、ルカ・プリモンに、塗装技術をマルコ・イメール・ピッチノッティに師事する。
2007年 第一回イタリア国内弦楽器製作コンクール(1°Concorso Nazionale di Liuteria)、Giovani Liutai部門において製作したヴィオラが3位入賞。
2008年 同コースのディプロマを取得、2010年同校楽器修復コースのディプロマを取得。ミラノのマルティーノ・イウス工房、モデナのロレンツォ・フリニャーニ工房で研鑽を積む。
2010年 10月日本に帰国、埼玉県比企郡にて篠崎バイオリン工房をオープン



工房・個人名 篠崎バイオリン工房
業務内容 楽器製作、修理、販売、メンテナンス、楽器用材木の販売
住所 〒355-0815
埼玉県比企郡滑川町月の輪3丁目16-11
営業時間 9:00〜19:00(土曜日は13:00まで)
定休日 水曜日、祝日
TEL 0493-62-1755
FAX 0493-62-1759
メールアドレス info@shinozakiviolin.com 
HP http://www.shinozakiviolin.com
備考 ※急な外出もある為、ご来店の際は電話、またはeメールで予約をお願い致します。
参考価格 ・ヴァイオリン 700,000円(本体価格)より
・ヴィオラ 750,000円(本体価格)より
・チェロ 1,300,000円(本体価格)より
  • ヴァイオリン/Augusto Pollastri モデル 2010年製作
  • ヴァイオリン/Augusto Pollastri モデル 2010年製作
  • ヴァイオリン/Augusto Pollastri モデル 2010年製作
次回、関西弦楽器製作者協会展示会は2018年4月22日(日)です